2014年11月02日

Panasonic スチームオーブンレンジ NE-BS901-Wの旧型「NE-BS900-W」

蒸し物や蒸し焼きにも使える、
高性能なスチームオーブンレンジです。

現行品NE-BS901-Wと旧型NE-BS900-Wの機能は、
大きな差は変化はありません。

外形サイズや内容量、消費電力なども同じです。

しかし現行品は、
いくつかの機能がより磨かれています。

たとえば食品をみわけるセンサーは、
「スイングサーチ8眼赤外線センサー」
から
「64眼スピードセンサー」
に進化。
食品の大きさや分量などをより賢く見分けて、
自動で加熱を調整してくれます。

大きな違いはそれくらいです。


それぞれの現在の価格は、こんな感じになっています。

旧型⇒NE-BS900-W(アマゾン)

現行品⇒NE-BS901-W(アマゾン)


現行品はオーブンレンジの肝である「加熱」機能がパワーアップしてるので、
どちらを選ぶかは
「その点と価格のどちらを優先するか?」
次第でしょうか。


posted by kaden-kataochi at 06:00 | キッチン家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。